white_shirt01
  • ワインカラーは名脇役

  • white_shirt_text1
  • エンジのレジメンタルネクタイのコーディネートは、定番ながら主張しすぎずに程良く存在感をアピールできます。エンジカラーは名脇役なのでぜひお試しください。

white_shirt02
  • 知的さと爽やかさの演出

  • white_shirt_text2
  • シンプルで好印象のVゾーン。シャツとネクタイはブルー系同士の合わせ。更に爽やかで知的な印象を演出できます。出勤着という枠を超え、幅広く対応できるVゾーンです。

white_shirt03
  • 程よい上品さを主張

  • white_shirt_text3
  • シャンパンゴールドのドットネクタイをスタイリングした存在感あるVゾーン。上品なゴールドがその存在感を絶妙にコントロールし、強すぎない印象を演出します。

white_shirt04
  • まずは基本!定番コーデ

  • white_shirt_text4
  • ネイビー&サックスの間違いのない組み合わせのレジメンタルネクタイをコーディネート。定番中の定番なので迷ったらコレ!と言っても過言ではありません。

white_shirt05
  • 普段のシャツに軽快さを
    プラス

  • white_shirt_text5
  • 涼しげな印象を与えるコーディネート。足取りも軽くなるような軽快なスタイルがパッと目を引くVゾーンを演出します。いつものシャツにサックスネクタイをプラスして心機一転。

 sax_shirt1
  • 凛とした胸元で印象UP

  • sax_shirt_text1
  • 定番ながらブラックのスーツにサックスブルーが際立ち、凛とした印象を与えるスタイリング。初めて訪問する取引先様の印象度もアップします。

 sax_shirt2
  • ハイセンスなⅤゾーン

  • sax_shirt_text2
  • ニューヨーカーの顔であるハウスタータンのネクタイを合わせたハイセンスなVゾーン。一見難しそうな組み合わせですが、どなたでも違和感なく着こなせるスタイルなのでトライしてみてください。

 sax_shirt3
  • 新定番スタイル

  • sax_shirt_text3
  • エンジの小紋ネクタイを合わせた絶妙なVゾーン。馴染みのあるサックスカラーのシャツとエンジカラーのネクタイの組み合わせが、新鮮で新しい定番スタイルとなりそうです。

 sax_shirt4
  • パーティーにも最適

  • sax_shirt_text4
  • エンジのドット柄ストライプタイを合わせたセンスの良いVゾーン。仕事着だけでなく、このままカジュアルなパーティや食事会にも出席できます。少しハズしテクニックを効かせたスタイルです。

 sax_shirt5
  • 鮮やかなコントラストで
    遊ぶ

  • sax_shirt_text5
  • サックスのへリンボン組織のシャツと、鮮やかなイエローのレジメンタルネクタイをコーディネート。派手過ぎないのは、サックスと明るさを押さえたイエローが絶妙にマッチしているから。鮮やか過ぎない色使いがうまくまとまるコツです。

 NG1
  • ストライプ×3の組み合わせ

  • NGt_text1
  • 同じ柄、同色の連続使いは致命的なNGVゾーンに!合わせれば良いという訳ではないので、適度にバランスの良い色柄のコーディネートを心掛け、うるさ過ぎる組み合わせは避けましょう。この組み合わせの場合シンプルな無地のネイビーネクタイで印象を改善させましょう。

 NG2
  • ビジネスではNG
    のフォーマル風

  • NGt_text2
  • ブラックスーツにホワイトシャツ×シルバータイは、結婚式にはぴったりの装い。しかしビジネスシーンではNGの組み合わせです。ネクタイは同じ生地感や光沢感でも、シルバーやホワイト以外のカラーをチョイスしましょう。

 white_shirt1
  • 知的な雰囲気を楽しむ

  • white_shirt_text1
  • モノトーンのニューヨーカーハウスタータンを合わせたVゾーン。身体の中心にピッと芯が通ったように見え、知的な印象を演出します。クレバーなスタイリングですのでオススメです。

 white_shirt2
  • 心落ち着くVゾーン

  • white_shirt_text2
  • グレーのストライプスーツに、ホワイト地にストライプのシャツとブラウンの小紋ネクタイを合わせたVゾーン。ブラウンが入る事でどこか落ち着いた雰囲気になります。秋のコーディネートにピッタリです。

 white_shirt3
  • 正統派の合わせ

  • white_shirt_text3
  • チェック柄シャツとネイビーのドットネクタイを合わせた正統派のVゾーン。正統派と言っても堅苦しい印象を与えない爽やかなスタイルで、第一印象も良く映ります。

 white_shirt4
  • スマートな胸元

  • white_shirt_text4
  • エンジの小紋ネクタイをコーディネート。白とグレーにエンジが引立ち、飽きを感じさせないスマートなVゾーンに。仕事の瞬発力もアップしそうな組み合わせです。

 white_shirt5
  • オレンジで元気なVゾーンを

  • white_shirt_text5
  • オレンジのレジメンタルネクタイを合わせた元気なVゾーン。ネクタイは相性のよいオレンジ×ブラウンの組み合わせで、程よい個性を演出してくれます。

 sax_shirt1
  • 気取らないVゾーン

  • sax_shirt_text1
  • チェック柄シャツとエンジのドット柄のネクタイを合わせた若々しいスタイリング。気取らなくコーディネートする事ができます。流行に左右されない、いつでも新鮮さを感じられるVゾーンです。

 sax_shirt2
  • 洗練された貫禄

  • sax_shirt_text2
  • サックスの無地シャツにネイビーのレジメンタルネクタイをチョイス。洗練されたVゾーンが完成します。サックス×ネイビーの組み合わせは、清潔感のある爽やかな印象に映ります。社内会議だけでなく、社外でも恥ずかしくないスタイル。

 sax_shirt3
  • シックな印象に

  • sax_shirt_text3
  • グレーのストライプスーツに、サックスのストライプシャツとブラウンの小紋ネクタイを合わせたシックなVゾーン。カラートーンを抑えミニマムなコーディネートが男の魅力を引き立てます。

 sax_shirt4
  • 大人の色気を醸す

  • sax_shirt_text4
  • パープルのレジメンタルネクタイを合わせた大人の色気あるVゾーン。ネクタイは派手過ぎないトーンのパープルを選択するのがポイント。サックスがパープルに馴染み、嫌味ないVゾーンになります。

 sax_shirt5
  • 冠婚の装いにも対応

  • sax_shirt_text5
  • シャンパンゴールドのネクタイでエレガントなVゾーンに。サックスと上品なゴールドのコーディネートは、職場だけでなく、冠婚の装いにも対応できます。ゴールド系のネクタイはサックスのシャツとの相性が良いのでお勧めです。

 NG1
  • 柄がバッティング

  • NG_text1
  • スーツ、シャツ、ネクタイの柄が似寄り過ぎてなんだか重い雰囲気に。もし柄合わせをするのであれば、もっと柄の大きさに強弱を付けてバランスの良いVゾーン作りをしましょう。

 NG2
  • 全てチェック柄

  • NG_text2
  • 全ての柄をチェックにしたNG例。全くまとまりの無いVゾーンになってしまいます。シャツまたはネクタイを無地に変えると、バランスの良いVゾーンが作れます。

 white_shirt1
  • シーズンレスのVゾーン

  •  white_shirt_text1
  • チェックシャツとグレーのレジメンタルネクタイを合わせた、シーズンを選ばないVゾーンです。流行に左右される事のないオールマイティなスタイルは、ビジネスマンの強い味方になります。

 white_shirt2
  • 勝負の日の鉄板Vゾーン

  •  white_shirt_text2
  • 力強いレッドに小紋柄が入ったネクタイとの合わせ。パッと目を引くだけでなく、逞しくも見えるコーディネートです。プレゼンなど、ここぞという時に活躍するVゾーンです。

 white_shirt3
  • 爽やかなフレッシュ感

  •  white_shirt_text3
  • ネイビーのストライプスーツに、ホワイトの無地シャツというシンプルな組み合わせに、ブルーのレジメンタルの明るく華やかなアクセントをさり気なく差す効果的なVゾーン。顔色映りも良く爽やかなスタイルです。

 white_shirt4
  • 王道スタイル

  •  white_shirt_text4
  • ネイビー無地のシンプルなネクタイを合わせた王道スタイル。地味になりがちなネイビースーツも、センスの良いネクタイを合わせて機運アップ!ビジネスマンとしては一式は揃えておくべきコーディネートです。

 white_shirt5
  • 色柄のバランスがポイント

  •  white_shirt_text5
  • イエローのレジメンタルネクタイで気分転換にも最適なVゾーン。ネクタイだけが浮かないように注意が必要なので、色柄のバランスがキーポイントとなります。

sax_shirt1
  • 品格を感じさせる
    スタイリング

  •  sax_shirt_text1
  • サックスのストライプシャツとエンジ小紋ネクタイを合わせた、奇をてらうことのない品と格を感じさせるVゾーン。仕事でも使いやすいスタイルです。エンジは目を引くカラーでありながらも派手な印象がなく、着回しもしやすい万能カラーです。

sax_shirt2
  • 勢いのあるパワーゾーン

  •  sax_shirt_text2
  • ネイビー×レッド×ホワイトのレジメンタルネクタイが勢いを感じさせるVゾーン。ココ一番というプレゼンの時に最適。合わせ方を間違えると学生っぽくなってしまうので十分に注意しましょう。

sax_shirt3
  • 清潔感と知的さを兼備

  •  sax_shirt_text3
  • ネイビーのストライプスーツに、サックスのストライプシャツとネイビーの小紋ネクタイとを合わせた清潔感があり知的な印象を与えるVゾーン。仕事用だけでなく、食事会や同窓会にも通用するスタイリングです。

sax_shirt4
  • 正統な着くずしを楽しむ

  •  sax_shirt_text4
  • ニューヨーカーハウスタータンを差し込んだVゾーン。いつものネイビースーツとサックスのシャツにチェック柄を入れるだけで印象が一変。正統に着くずしができるスタイルです。

sax_shirt5
  • 大人の余裕を演出

  •  sax_shirt_text5
  • ニューヨーカーハウスタータンを差し込んだVゾーン。いつものネイビースーツとサックスのシャツにチェック柄を入れるだけで印象が一変。正統に着くずしができるスタイルです。

NG1
  • 相性の悪いサックス×
    ブラック

  •  NG_text1
  • サックスのチェックシャツと相性が抜群に良い、優しいブラウンの小紋ネクタイとの組み合わせ。適度なカジュアル感と、シックなイメージが◎。大人の余裕を感じさせるスタイリングです。

NG2
  • 全てストライプの
    組み合わせ

  •  NG_text2
  • 同じような柄で統一感を出そうとしたのに、なぜかゴチャゴチャに・・・。ネクタイのレジメンタル柄がもう少し細いピッチのものを選びスッキリさせるか、シャツを無地にするのがベターです!合わせの正解は紙一重。十分に気を配ってVゾーンを組みましょう。