DAIDOH FORWARD LTD. ONLINE STORE

  • NY.online
  • NEW YORKER
  • NEW YORKER BLUE
  • Sally Scott
  • NY.online
  • NEW YORKER
  • NEW YORKER BLUE
  • Sally Scott

コートや厚手のニットなど、冬物をしまう前にクリーニングに出される方が多いと思います。
クリーニングは、シミや汚れを落とし、きれいにするためのものですが、
工程によっては衣類にダメージを与えてしまう可能性があります。
今回は、クリーニングに出される前に知っておいてほしい2つのポイントをご紹介します。

押さえておくべきポイントはこちら!!
ポイントの前に・・・
「上手なクリーニング依頼のHOWTO」
クリーニングを依頼するときは、下記の5点をチェックしましょう。
①特殊ボタンは外して出す。または、受付時に伝える。
②ポケットの中身を点検する。
③揃いもの(スーツ・セットアップなど)は出来る限り一緒に出す。
④シミには印をつけて出す。
⑤希望を伝え、相談する。
少しの手間が大切な衣類を守ります。ぜひチェックしてみてください。
加工は永久ではないこと
加工は着用やクリーニングなどで徐々に剥がれる場合があります。
<プリーツ加工>
プリーツなど加工で整形されているものは、乾燥機などの熱の影響を受けるとプリーツが甘くなり加工が取れる場合があります。素材によりプリーツ加工法は異なりますので、クリーニング店へ出される際にご相談されることをお勧めします。
クリーニングの要注意ポイント2選 / プリーツ加工
<撥水加工>
撥水加工も樹脂を添付するなど表面加工の一種類の為、クリーニング回数を重ねると効果が減少することがあります。効果を持続させたい場合は、クリーニングの際、撥水加工のご検討もおすすめします。
クリーニングの要注意ポイント2選 / 撥水加工
経時劣化があること
経時劣化は、だいたい3年すると劣化が始まると言われています。
<ポリウレタン>
ポリウレタンは、紫外線、水分などの外的要因により分子構造が壊れて、繊維が伸びたり切断されることがあります。
クリーニングの要注意ポイント2選 / ポリウレタン
<ペイントが施されているもの>
ペイントはひび割れたり剥離する可能性があります。
<ボンディング加工が施されているもの>
ボンディング加工とは、主に表地と裏地を接着剤で張り合わせてある衣類のことを言います。
製造から時間が経過するに従い、芯地が剥がれて中に空気が入り表面がポコポコしてくる可能性があります。
<合成皮革>
合成皮革はひび割れなどが発生する可能性があります。
受け取った後も気を抜かずに・・・
「受け取り後の注意点」
クリーニングに出した衣類を受け取った後は、下記の5点をチェックしましょう。
①シミ、汚れ、破れがないか確認
②品物点数の確認
③苦情は早めに伝える
④ボタンやベルトなど付属品の確認
⑤帰宅後、ビニール袋から出して風にあてる
衣替えの季節はクリーニング店が混み合い、トラブルになりやすい時期です。
クリーニングに出す前、受け取った後も確認を徹底し、大切な衣類を守りましょう。

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気やトレンドの
エッセンスをプラスしたスタイル提案を行なっている「NEWYORKER」。
牧場経営、衣料品の製造・販売までを自社グループで行なう企業、
ダイドーリミテッドの歴史とノウハウがもの作りの姿勢に活きています。
NEWYORKERは、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルに、
より一層の"上質"を追求してまいります。

ブランドトップはこちら

NEWYORKER BLUEは
“気分にまかせ、お気に入りを身にまとう”
毎日着たいをコンセプトに、
遊び心のあるトラッドカジュアルスタイルを提案します。
ニューヨーカーが今日まで培ってきた“トラディショナルマインド”
をベースに、新しい日常の過ごし方を想像したときに、
“着たい”“欲しい”と思いたくなるものを提供する、
そんなブランドを目指します。

ブランドトップはこちら

架空とその中にある現実
ユーモアと時々のシニック

自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、
自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。

たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながら
デザインと共に、その世界観を表現し続けています。

> ブランドトップはこちら