DAIDOH FORWARD LTD. ONLINE STORE

  • NY.online
  • NEW YORKER
  • berkley
  • Sally Scott
  • NY.online
  • NEW YORKER
  • berkley
  • Sally Scott

2019母の日ギフトアンケート結果発表!貰って嬉しいアイテムや思い出エピソードご紹介

今年の「母の日」は5月12日(日)です。
忙しい日々の生活で、お母様への感謝の気持ちが薄れてしまいがちではありませんか?
母の日はそんなあなたへ、改めて母親の存在を示してくれる特別な日です。

NYオンラインでは母の日が特別な日になるよう願いを込めて、
貰って嬉しいプレゼントや母の日に関する想い出エピソードについてのアンケートを行いました。

今年は何かプレゼントしようかな。
今年は特別な演出をしようかな。と考えるきっかけになれば幸いです。
ぜひアンケート結果をご覧ください!

What choose to gift?
ギフトを選ぶ方からのご意見

Q1
母の日に今までどんな洋服や服飾雑貨をプレゼントしましたか?

アンケート結果
ストールなどの巻物や、ニット・カーディガンなどの気温に合わせて調節が可能なアイテムが人気という結果でした。
また、アクセサリーはネックレス、ブローチと答えた方が多く、サイズなどを気にせず使えるものを選んでいる印象です。
そのほかの項目では帽子、エプロンなどの雑貨と答えた方が多くいらっしゃいました。

プレゼントを選んだ際のエピソードを
一部ご紹介します。

パジャマ

デパートで、1万円くらいのブランドパジャマをプレゼントしました。

帽子

母が旅行が好きなので、持っていけるようにコンパクトにできる素材の物を何度かプレゼントしました。

Q2
洋服や服飾雑貨をプレゼントした方に質問です。
事前にプレゼントする方にサイズや好みなどを聞きましたか?

アンケート結果
多くの方が聞いていないとの回答でした。なぜ聞いていないのか?理由を聞いてみると・・・
回答理由 回答理由 回答理由 回答理由
「日頃接していく中でサイズや好みがわかるから」や「サプライズしたいから」という理由が多く挙がり、
相手のことをよく知っていて、プレゼントで喜ばせたいという想いを感じられる回答をいただきました。

Happy was gift
ギフトを受け取るお母様からのご意見

Q1
母の日に今までどんな洋服や服飾雑貨をプレゼントされましたか?

アンケート結果
プレゼントされたアイテムはストールなど巻物が1位、次いでアクセサリーが2位となり、
渡す側で上位だったニット・カーディガンは6位の結果に。
その他の項目では渡す側で多く挙がった帽子は少なく、ハンカチが最も多い結果でした。
10代~20代のお子様がお母様へプレゼントする内容が中心となったため、
ギフトを選ぶ側と内容が異なる結果となりました。

プレゼントを貰った時のエピソードを
一部ご紹介します。

ハンカチ

10歳差のふたりの息子。14歳と4歳の時それぞれからタオルハンカチをもらいました。お兄ちゃんが弟を連れてお店に行ってお兄ちゃんのまねをして弟も買えたのだそうです。二人がハンカチを選んでいる様子が目に浮かび涙がこぼれました。26歳と16歳になった息子たち。今も仲良しです。

ブローチ

小学生だった娘からもらったピンブローチは今でも大切にしています。参観日や大切なお出かけの時には、必ず身に着けるようにしています。

Q2
洋服や服飾雑貨をプレゼントされた方に質問です。
貰ったプレゼントの満足度を教えて下さい。

アンケート結果
ほとんどの方が満足したという結果に!
満足している理由を聞いてみると、自分の好みだったという回答が最も多い結果となりましたが、
ほかにもこんな回答をいただきました。
回答理由 回答理由 回答理由 回答理由 回答理由
そのほかのご意見では、「プレゼントしようと思ってくれた気持ちが嬉しい」や、
「子供から貰うプレゼントはなんでも嬉しい」という心温まる回答をいただきました。
今まで育ててきたお子様がお母様のことを考えてプレゼントを選んでくれる…なんて嬉しくなりますよね!
また、満足しなかったという方はかなりの少数でしたが、自分の好みではなかったという方が多い結果となりました。
やはり好みの把握も大切ということが伺えます。

Episode Mother's Day
母の日にまつわる思い出エピソードをご紹介

ギフトを選ぶ方からの
思い出エピソード

娘の就職後、遠くにいる娘から妻にプレゼントが来たときは、添えた手紙の内容も含め感動しました。

母が買わないであろうと思われる色のニットを選んだら周囲の方から母がお褒めの言葉をいただきとても喜ばれた。プレゼントの品ならば時には冒険も良かったと思いました。

中学生の頃、兄弟で料理の本を買ってプレゼントしたら予想外に、母が泣いたのでびっくりして何か恥ずかしいような不思議な気持ちになった。

子どもの頃は手作りの品やお小遣いをためて購入したプレゼントを渡していましたが、大人になって、自分で働いたお給料で購入した商品を渡したときは、感慨深いものがありました。

そのほかにもたくさんのエピソードをいただききました。
『母の日のギフト』という一つのキーワードからここに載せきれないほどの様々なエピソードをいただきき、
拝見しているほうも幸せな気持ちになる内容となりました。
多かった内容としては、渡した時に喜んでくれて嬉しかった。
渡したプレゼントを長く愛用してくれてうれしかった。
普段着ないような色を選んだら思いのほか喜んでくれた。
などが多く挙がりました。

ギフトを受け取るお母様からの
思い出エピソード

独立した子供から母の日として初めていただいた時は、非常に嬉しく、あーあこういうきもちなんだ!と、深く感慨しました。

子供たちにお手紙と絵を貰ったのがとても印象に残ってます。アクセサリーなども貰うととても嬉しいのですが、子供たちからありがとうと言ってもらったことが1番嬉しかったです。

お花と一緒に綺麗なブレスレットをもらいました。2人の娘が、私の手首のサイズを言いあって喧嘩になったという嬉しいエピソード付きです。

10年前 息子が社会人になった時に 大学から親元はなれ迷惑をかけたと言って腕時計を頂きました。今でも宝物です。

お母様からのエピソードではお子様から貰った際の素敵なエピソードを挙げる方が多く、
「子供が小さい時に貰ったものは印象に残っている」や、「子供が就職して始めてプレゼントをくれたとき嬉しかった」
という内容が多く挙がりました。
また、プレゼントを渡そうと思ってくれた気持ちがとにかく嬉しい!というお話も多く、
プレゼントすることの意味を改めて感じさせてくれる結果となりました。

ギフトを渡そうと思ってくれた気持ちが嬉しいというお声や、お子様からもらったプレゼントが忘れられない。
などのお声をいただき、心温まるアンケート結果となりました。

今年はお母様が喜んでくれそうなギフトとともに電話や手紙など、
気持ちの伝わるメッセージを添えてみるのもよいかもしれません。

NYオンラインでは有料のギフトラッピングも承っております。
大切な方へのギフトに、いかがでしょうか。

Gift Wrapping

オリジナルのギフト包装を有料(324円)で承っております。
※商品の形状によって一部ラッピングを承れない場合がございます。

> ギフト包装について

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気やトレンドの
エッセンスをプラスしたスタイル提案を行なっている「NEWYORKER」。
牧場経営、衣料品の製造・販売までを自社グループで行なう企業、
ダイドーリミテッドの歴史とノウハウがもの作りの姿勢に活きています。
NEWYORKERは、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルに、
より一層の"上質"を追求してまいります。

> ウィメンズアイテム一覧はこちら