夏の着こなしを盛り上げる夏小物たち

夏の着こなしを盛り上げる
おすすめ夏小物

夏の気分をより一層盛り上げてくれる夏の小物たち。
日よけに欠かせないハットやストール、
コーディネートのワンポイントに活躍するアクセサリーやサンダル、かごバッグなど…
今期ニューヨーカー・ブルーのおすすめ夏小物をご紹介します。

STYLE 1

STYLE 1 オシャレは足元から
カジュアルだけど品の良さも携えて

足元を変えるだけでグッと垢抜けたり夏らしさを盛り上げてくれるシューズたち。履きやすさも抜群で、カジュアルながら上品でスタイリッシュな足元を演出します。安定感のあるウエッジソールや、平靴もクッション性があり疲れにくくなっています。

ウエッジソールスエード
パンプス(左上)

\12,744

CHECK
レースアップスムースシューズ
(3cmヒール)(右上)

\10,584

CHECK
【イタリア製】ストライプリネン
ストール(中央)

\5,940

CHECK
フラットストラップサンダル
(ミント)(右下)

\7,992

CHECK
ミラノサンダル(中央下)

\11,880

CHECK
牛革ストラップウエッジ
ソールサンダル(左下)

\12,744

CHECK
STYLE 2

STYLE 2 毎日のお出掛けのお供に
飽きのこないシンプルさ

毎日持ち歩きたいバッグたち。マチが深めのランチトートや、柔らかくコーディネートになじむ麻のトートバッグなど、使い勝手がよくデイリーに活躍し、毎日のお出掛けをサポートします。今期よりROO TOTEも取り扱いを開始。

ボーダーショルダーバッグ(左上)

\3,780

CHECK
プログレスキューブ
トートバッグ(右上)

\5,292

CHECK
デリ SNポリD
ミニトートバッグ(左中央)

\3,240

CHECK
参考商品(右中央)

\3,132

デリ SNポリD
ミニトートバッグ(左下)

\3,240

CHECK
フロートランススモール
トートバッグ(右下)

\3,456

CHECK
STYLE 1

STYLE 3 甘くない、こなれ感のアクセサリー

2連のレザー調デザインネックレスや、メタルパーツブレスレットなど、主張しすぎずシンプルなデザインが魅力のアクセサリー。カジュアルスタイルのアクセントとして、お洋服を選ばずに気軽に使えるシンプルなデザイン。
レザーバングルなど、メンズライクなテイストのものが多く、スタイリッシュな着こなしが叶います。

ストーンパーツネックレス(左上)

\4,104

CHECK
2連ブレスレット(中央上)

\3,240

CHECK
2連ブレスレット(右上)

\3,240

CHECK
2連チョーカーネックレス(中央)

\3,240

CHECK
2WAYドロップイヤリング(中央右)

\2,700

CHECK
2重巻き牛革レザーバングル(右下)

\3,024

CHECK
STYLE 4

STYLE 4 日差しをブロックしつつ、
コーディネートのまとめ役

やわらかな素材感が見た目にも涼しさを演出する夏のハット。軽いペーパー素材やコットン素材で、通気性がよく、暑さを緩和してくれます。
コーディネートのアクセントとして全体を引き締め、春夏のフェミニンなワンピースやスカートスタイルにもおすすめです。
広めのブリムで夏の旅行、アウトドアにも活躍します。

細リボンペーパーハット(左上)

\7,560

CHECK
ストライプリボン中折れハット(右上)

\8,100

CHECK
綿麻×サッカー
リバーシブルハット(中央左)

\8,424

CHECK
ワイドブリム
ソフトペーパーハット(右下)

\7,560

CHECK
サンシェードコットンハット(左下)

\3,240

CHECK
STYLE 5

STYLE 5 首に巻く、頭に巻く、
ポケットからチーフのように、
使い方は自由!あなた次第

コットン100%を使用したバンダナ。使うごとに柔らかくなり味わいが増していきます。
首にさらりと巻いたりヘアーバンドにしてコーディネートのアクセントにするほか、バッグのアクセサリーとして使うのもおすすめです。ポケットに収納しやすいサイズで、ハンカチとしても使用可能。ナチュラルなベージュやデニムのパンツ合わせなど、カジュアルスタイルのアクセントに最適です。

ペイズリードットプリントバンダナ

\540

CHECK

NEWYORKER BLUEは
“気分にまかせ、お気に入りを身にまとう”
毎日着たいをコンセプトに、
遊び心のあるトラッドカジュアルスタイルを提案します。
ニューヨーカーが今日まで培ってきた“トラディショナルマインド”
をベースに、新しい日常の過ごし方を想像したときに、
“着たい”“欲しい”と思いたくなるものを提供する、
そんなブランドを目指します。

> ブランドトップはこちら