NEWYORKER LTD. ONLINE STORE

  • NY.online
  • NEW YORKER
  • NEW YORKER BLUE
  • Sally Scott
  • NY.online
  • NEW YORKER
  • NEW YORKER BLUE
  • Sally Scott

メンズスーツの選び方

NEWYORKERが創り続けるスーツ。
それは、トラッドをベースにスタンダードであり続けることを誇りとし、
ブランド創立50年以上に渡り受け継がれています。
お客様の大切なシーンを彩り、長い期間愛用していただくために
オンラインでのスーツ選びのポイントをご紹介します。

POINT 1
自分に合ったサイズを見つけよう

まず自分に合ったサイズを確認しましょう。
基本のサイズが分かれば、シルエットやデザインも選びやすくなります。

ジャケット サイズ表
タップすると拡大してご覧いただけます。
※身長・胸囲・胴囲は、ヌード寸法の目安です。
※ヌード寸法は実際の体の寸法を計測した基準寸法です。商品ページの「商品の仕上がり寸法」とは異なりますのでご注意ください。
スラックス サイズ表
タップすると拡大してご覧いただけます。
※胴囲(ウエストの一番細い部分)はヌード寸法の目安です。
※ヌード寸法は実際の体の寸法を計測した基準寸法です。商品ページの「商品の仕上がり寸法」とは異なりますのでご注意ください。
※S/M/L表記のパンツは、商品によって対応胴囲が変わる場合がございます。その際は商品説明文に記載いたしますのでご確認ください。
POINT 2
シルエットを理解しよう

ニューヨーカーで展開しているスーツは定番の2つボタンとクラシカルな段返り3つボタン、
スリムタイプをご用意しています。お客様の用途や目的などによりお選びいただけます。

ジャケット
2つボタン
流行に左右されないスタンダード
シャープな印象の定番アイテム
ビジネスで着用可能な定番、2つボタンスーツ。もっともフォーマルで深さのあるVゾーンがシャープな印象を与えます。ボタンは一番上のみ留めるのが一般的。
3つボタン
クラシカルな3つボタン段返り
きっちりした印象に仕上げます
きっちりした印象を与える3つボタンスーツ。ニューヨーカーで展開しているのは、Vゾーンが広く見えるタイプの段返り3つボタン。真ん中のボタンだけ留めるのがルールです。
スリム
着丈が短めの細身シルエット
スタイリッシュな仕上がりに
全体的に細いシルエットのスーツ。ウエスト、襟幅、ラペルなどを細くし、全体的にすらっとしたシルエットを演出。ボタンは一番上のみ留めるのが一般的。
スラックス
ノータック
すっきりとした
シャープなシルエット
ノータックはヒップ周りがすっきりしたシルエットが特徴。細めの体型の方や小さい方にお勧めのため、今一番人気のモデルです。
ワンタック
スリムすぎない
標準的な シルエット
ワンタックはタック分のゆとりがあるため、楽に着用できるデザインが魅力。ガッチリした体型の方やヒップが大きめの方にお勧めしたい型紙です。
スリム
身体にフィットした
細身シルエット
スリムは同じサイズのノータックに比べ、約1サイズほど、股上を浅く、渡巾・裾巾を細く、裾に向かって細くなる緩やかなテーパードシルエットを施し、細身ですっきりとしたシルエットながらも、ヒップの窮屈さを改善するなど穿き心地の良さを実現しています。
POINT 3
フィッティングポイントを押さえよう

美しいスーツスタイルを作るには、正しいフィッティングが重要です。
一見難解とも思えるスーツのフィッティングですが、
基本ルールを正しく理解すれば自分のサイズに合ったスーツを選ぶことが出来ます。

目安は1cm程度つまめるゆとり
ジャケットの肩山と自分の肩のトップ位置がちょうど合っているのがジャストフィット。
目安は、肩をつまんで1cm程度のゆとり。
ジャストサイズは重さが肩全体にバランス良くのり、軽くて動きやすくなります。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのジャケットを着用し、適切な着用感のものをセレクト。肩幅は肩先(肩の縫い目と袖と肩の境界線の交点)から背中心を通りもう一方の肩先までを測定。

ボタンを留めて、
こぶしがひとつ入るサイズ
ボタンが無理なく留まり、余計なシワが出ていない状態がジャストサイズ。
ボタンを留めて軽く前方にジャケットを引っぱり、
自分のこぶし1つが入るゆとりが目安。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのジャケットを着用し、適切な着用感のものをセレクト。バストは左右の脇縫い目と袖ぐりの交点を結んだ直線を測定し、値を2倍に。※脇線がない場合や前後にずれている場合は、平置きした脇線と袖ぐりの交点。

シャツが1cm出る長さがベスト
腕をおろした状態で、ドレスシャツの袖口が1cm出るのがジャストサイズ。
掌が床と並行になるように曲げた時にジャケットの袖口が手の甲に触れることが
チェックポイント。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのジャケットを着用し、適切な着用感のものをセレクト。
袖丈は、肩先(肩の縫い目と袖と肩の境界線の交点)から袖口の中央までを測定。

ヒップが隠れる着丈をチョイス
着丈はスーツ姿がスタイリッシュに見えるための大切なポイント。
丈の長さには流行がありますが、ニューヨーカーの正統派スーツのフィッティングは、
ヒップが隠れる長さです。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのジャケットを着用し、適切な着用感のものをセレクト。
着丈は襟付け根線から裾までを測定。

正しいウエスト位置での
フィッティングを
へそ下にパンツのウエストが当たる位置が目安。
腰骨に合わせるコツは、パンツを穿いた状態でポケットに指を入れ、
軽く下方にパンツを下げてください。自然に止まる位置が腰骨になります。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのスラックスを着用し、適切な着用感のものをセレクト。ウエストはベルト上部の幅×2、股上は内股合わせ(股下の縫い目の交差部分)から垂直にベルト上部までを測定。

もたつきのない程よいゆとり
ヒップは動きやすさを決めるポイントになります。
ヒップ周りの生地に張りやもたつきがなく、
かがんだ際に太腿の程よいゆとりがあるのがベスト。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのスラックスを着用し、適切な着用感のものをセレクト。自然に平置きし、ウエストとファスナーステッチの止まり位置の中間を目安に垂直にまっすぐ端から端まで測ります。

おすすめは
ハーフクッション
パンツの裾丈は好みの分れる部分ですが、シルエットがきれいに見えて
エレガントな印象のハーフクッションがおすすめ。
歩いてももたつかず、ソックスも見えにくいのが特徴。

オンラインでの購入時の選び方

お手持ちのスラックスを着用し、適切な着用感のものをセレクト。
股下丈は、内股合わせ(股下の縫い目の交差部分)から裾口までを測定。

身体に合った美しいラインを目標に
前面を中心に、側面と後面も確認を。余計なシワがよっていなく、
適度に身体にフィットした美しいラインを目標に。シルエットによって
異なることはあるものの、基本的なルールは変わりません。
前面はバスト部分に余計なシワがないか、
側面はジャケットの前面の裾が
上がっていたりせずに平行になっているか、
後面はヒップ周りに余計なシワがないかを確認。
NY.online会員特典
返品交換
商品到着後14日以内なら、未使用商品・裾上げ等をしていない商品であれば、セール品でも返品可能です。
裾上げ・ネーム入れ
サービス
スーツやスラックス、ボトムスのご注文時にご指定可能です。

● 裾上げ432円
● ネーム入れ216円
(各税込み、1点につき)
ポイントプログラム
プロパー商品は商品代金の3%、セール商品およびアウトレットショップ限定商品は商品代金の1%を差し上げます。 たまったポイントは"1ポイント=1円"としていつでもご利用いただけます。
お誕生日
500円割引クーポン
お誕生日を登録すると、毎年お客様のお誕生月にNYオンラインでご利用いただける「お誕生日クーポン」をプレゼントいたします。
NY.onlineの
公式メールマガジン
新入荷、セール品、イベント情報など公式メルマガだから最新の情報をいち早くお知らせしています。
(購読料・年会費無料)

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気やトレンドの
エッセンスをプラスしたスタイル提案を行なっている「NEWYORKER」。
牧場経営、衣料品の製造・販売までを自社グループで行なう企業、
ダイドーリミテッドの歴史とノウハウがもの作りの姿勢に活きています。
NEWYORKERは、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルに、
より一層の"上質"を追求してまいります。

ブランドトップはこちら

NEWYORKER BLUEは
“気分にまかせ、お気に入りを身にまとう”
毎日着たいをコンセプトに、
遊び心のあるトラッドカジュアルスタイルを提案します。
ニューヨーカーが今日まで培ってきた“トラディショナルマインド”
をベースに、新しい日常の過ごし方を想像したときに、
“着たい”“欲しい”と思いたくなるものを提供する、
そんなブランドを目指します。

ブランドトップはこちら

NEWYORKERの持つトラッドスタイルをベースに、
丸山敬太氏の遊び心あるデザインや、
色彩豊かなカラーリングを自由、大胆にコーディネート。
シンプルでベーシックな中にも、大人の遊び心が表現された
モダンクラシックスタイルを提案します。

> ブランドトップはこちら

架空とその中にある現実
ユーモアと時々のシニック

自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、
自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。

たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながら
デザインと共に、その世界観を表現し続けています。

> ブランドトップはこちら