premiumfriday
プレミアムフライデーに物申す!
みんなの意見を一挙公開!
プレミアムフライデー
についての
アンケート結果
premium
結果発表
アンケート実施期間:2017年3月3日 (金)〜2017年3月7日 (火)
回答者数:1606人
先月のプレミアムフライデー、皆様はどのように過ごされたのでしょうか。
NYオンラインでは、プレミアムフライデーに関するアンケートを実施いたしました。
率直なご意見を多数いただいた興味深い結果に!
「プレミアムフライデーに物申したいこと」がございましたら、教えてください。
「プレミアムフライデーに物申したいこと」
がございましたら、教えてください。
飲食店やアパレル等、「プレミアムフライデーで忙しくなる人」がおやすみできる日も作って欲しい。
仕事の量が減るわけではないので、実施するには他の曜日にしわ寄せが来る。
一部の大手企業だけのことだと思う
早めの退社によって、お客様へのサービス低下の懸念や、金曜日分の仕事を割り振らねばならず、計画、管理の見直しを要する。
月末の週末は大抵忙しい。実施日の設定がよくないと思う。
大企業や地方公務員等労働者の、ほんの数パーセントの業種の人たちしか対象にならない取り組みだと思います。社会における労働者の不均衡を浮き彫りにするため、労働者の大多数は政府に対する不満にしかならないのでは。
収入が増えなければ、消費につながらない。
先月の2月24日(金)、は勤務先でプレミアムフライデーの実施はありましたか?
Q1
ほとんどの会社様で実施はなかったという悲しい結果に。
初回なので様子見の会社様もある模様です。
Q.1で「あった」とお答えになった方、
先月のプレミアムフライデーの日は15時に退社できましたか?
Q2
実施がされている会社様でも、
実際は15時退社ができた方はごく僅かのようです。
Q.1で「あった」とお答えになった方、
プレミアムフライデーの日は何をして過ごしましたか?
Q3
過ごし方は様々のようですが、自宅でゆっくりや、お食事などがメジャーな過ごし方のよう。
イベントを設けているお店も多くみられましたね。
Q.1で「あった」とお答えになった方、
プレミアムフライデーは、誰と一緒に過ごしましたか?(※複数選択可)
Q4
家族と過ごされた方が多い反面一人で過ごしたという方も2割程度の結果に!
コンサートや習いごとなど普段できないことを実践できる機会にもなりそうです。
一人で過ごしたというあなた…
一人の時間も有意義に!オンラインでお買い物をお楽しみください。
プレミアムフライデーの実施で15時退社が可能な場合、
やりたいことを教えてください。(※複数回答可)
Q5
意外にもお買い物が上位に。
いつもよりゆっくり吟味や、下見ができる時間が増えるかもしれません。
プレミアムフライデーは定着すると思いますか?
Q6
「定着しない」と思われる方が6割という結果に。
実施があった会社様もまだまだ少ない現状です。
アンケートの結果、営業・事務・企画系の職業の方は
プレミアムフライデーの実施が多かったようです。
次回以降は、食事やお買い物をして過ごしたいというご意見が多く、
週末前の時間をゆとりを持って過ごしたい方が多い印象でした。
接客、サービス業の方は逆に忙しくなってしまうということもあり、
すべての人に平等な時間の提供は難しい現実が見受けられました。
今後定着していくのか、気になるところです。

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気やトレンドの
エッセンスをプラスしたスタイル提案を行なっている「NEWYORKER」。
牧場経営、衣料品の製造・販売までを自社グループで行なう企業、
ダイドーリミテッドの歴史とノウハウがもの作りの姿勢に活きています。
NEWYORKERは、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルに、
より一層の"上質"を追求してまいります。

ブランドトップはこちら

NEWYORKER BLUEは
“気分にまかせ、お気に入りを身にまとう”
毎日着たいをコンセプトに、
遊び心のあるトラッドカジュアルスタイルを提案します。
ニューヨーカーが今日まで培ってきた“トラディショナルマインド”
をベースに、新しい日常の過ごし方を想像したときに、
“着たい”“欲しい”と思いたくなるものを提供する、
そんなブランドを目指します。

ブランドトップはこちら

NEWYORKERの持つトラッドスタイルをベースに、
丸山敬太氏の遊び心あるデザインや、
色彩豊かなカラーリングを自由、大胆にコーディネート。
シンプルでベーシックな中にも、大人の遊び心が表現された
モダンクラシックスタイルを提案します。

> ブランドトップはこちら

架空とその中にある現実
ユーモアと時々のシニック

自分の中で生まれる価値観の変化にいつも気づきながら、
自分らしさを見つけて毎日を送るサリー・スコット。

たとえば映画を創るように、彼女の心の機微に触れながら
デザインと共に、その世界観を表現し続けています。

> ブランドトップはこちら